今が一番住宅を購入しやすいタイミングです

景気の先行きが依然として不透明な上、マイナス金利時代ということもあり、住宅ローンの金利はかつてないほどの低水準をキープしています。
また、住宅ローン控除の拡充や延長などにより、住宅購入希望者にとって現在が買いやすい環境であることは間違いないでしょう。
返済計画に余裕があり、長く住み続けられる住宅なら、戸建てにしろマンションにしろ今が買い時です。

不動産市場の動きが緩やかな現状においては、キャピタルゲイン目的で底値で購入することを狙うよりも納得感のある住宅選びが大切です。
たとえ資産価値が落ちたとしても、住宅から得られるものがトータルで大きくなるような住宅選びが理想ではないでしょうか。
不動産価格が上がる可能性がほとんどない日本では、収益に課税される投資ニーズよりも、
得られるものに対して税金が発生しない持ち家希望者が、いまや一番の買い手です。
家賃を払うくらいなら購入した方がマシだと言えるタイミングは、今をおいて他に無いかも知れません。