義理父母に子どもを触ってほしくなかった…!

生後2ヶ月頃まで、ホルモンのバランスのせいか義理父母に子どもを触ってほしくない時期がありました。

義理父母にはいつも良くしてもらっています。

嫌うどころか好きだったのに、その時期は抱っこされる度にもやもやした気持ちになっていました。

母性本能が働き、とられたくないという気持ちになるとよく聞きますが、まさにそれでした!

友人に相談したところ、友人はもっとひどかったようです。

友人の義理母は毎週末友人宅に来ては孫をずっとかわいがり、自分の教育方針を押し付けていたのです。

そのせいでうつになりかけ、薬も飲んでいたそうです。

子どもが半年になる頃には治まったようです。

私も、子どもが3ヶ月を過ぎた頃には全く嫌とは思わなくなりました。

今では面倒を見てもらえることが本当にありがたいです。

人それぞれ時期は変わると思いますが、ホルモンが整うまでの我慢です!

それまでは自分ってそんな嫌な奴だったのか…と自己嫌悪に陥ることもありますが、それは仕方がない!と自分を許してあげてください。

気持ちに正直になることが、自分に余裕をつくるひとつの方法だと思います。

心に余裕をもって、ゆったりと子育てを楽しんでください。