相場より安い住宅には理由があります

相場より安い住宅は、その内容が相場以下だからです。こう考えるのが当たり前の話なのですが、不動産屋から「相場より安くて良い物件がありますよ」という囁きをされると、盲目的に信じてしまう人ばかりです。しかしそのような物件はこの世に存在しないということを知っておきましょう。

どうしても相場より安い物件を購入するのであれば、価格交渉を行い遥かに安い値段で購入するべきです。つまり不動産としての価値をほとんど反映しない値段で買いましょう。どういうことかというと、その物件にそのような値段ほどの価値はないということを徹底的に調べて交渉するわけです。

相場より安い住宅の殆どは、人が一般的に嫌がる原因を除けば、違法住宅かそれに近い類のもの。たとえばマンションや倉庫などがある区画に建てられた住宅は基本的に違法です。ですがそのような住宅でも売買は可能ですから、多くの人が錯覚してしまいます。売買できるのであれば不動産としての価値はあるのではないかという錯覚です。残念ながら、そのような家に資産価値はありません。何故なら建て替えが不可能だからです。

いずれにしても相場より安いことには必ず理由があります。安易に飛びつかないように気をつけましょう。